【ゼナフィリンの構造】調査!新要素ペニス角度アップ、女性の感度アップを徹底追及!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼナフィリンの構造や特徴についてです。
自分の推察も入ります。

まずこれが構造です!

ポイントは3つありますね。
・組織増殖→太く
・血流量増加→硬く
・靭帯、根本強化→長く

基本増大構造の「組織→細胞→血流」、つまり「ペニス全体の組織を活発化させ、その細胞を増殖、増大させ、最後に血流量を増やし増大に至る」とは少し違うようですね。
ジスぺリンやベファインが特徴に持つ根本強化は受け継いでるようですね、これは嬉しい!
「靭帯強化」という新たな表現ですね!
恐らくは、根本を強化する事で「角度」の強化にも期待ができるという事でしょう!
角度はやはり硬さが必要となるので、硬さも強化されてるのではないでしょうか。

ポイント1、2、3と分けられてる事から、流れを組んで増大に至る「段階制」形式ではなく、各ポイントを強化する事で増大作用させているんですね。

ゼナフィリンがこれまでと違う点としては、
・「3タイプではないのに基礎構築、根本・靭帯強化も可能にしている」
・かつ「増大と角度(つまり硬さ)に特化」

また公開情報によればアデロインやリノゲインと同じく、とにかく20cmへのこだわりが強い!

男性の増大満足感だけでなく、「20cmに近づく事で女性を満足させられる、女性も満足する」という事を訴えかけている。

sigeki_02

確か「ポルチオ」っていう13cmくらいのところにPスポットがあるのは知ってるけど、その更に最深部の絶頂スポットに届くってことなのかな(笑)
なんかで最深部には快感を通り越して幸福感を生むってのは聞いたことがあるけど、それのことなんかな汗
まあとにかく20cm、増大にこだわって作られたってことかな。
新要素の「角度強化」によっては絶頂スポットを刺激できそうですね!
これまで「増大」に関しては「100種系ではなく3タイプの方が優秀」と言われてきたのを覆すことができるのか、期待大です!

成分構造はベファインなかと同じく100種の動物系、植物系、アミノ酸などの体内活性系成分を2タイプに分けたって感じだ。
それを先ほど言った、各ポイントに体内で相乗作用させるって話ですね。
100種系は増大、ED改善、早漏、包茎などの精力系だけでなくサブ効果の期待度が高いのが特徴です。
脳神経作や体調にも深く関わる成分が多いので、快感アップや老化防止、発毛、胃腸、肝機能改善、肥満や美肌などに効果を持った成分が入ってます。
故に年配の人に人気が高いんですね。
成分についてはまた詳しく100種全部の効果を説明したいと思います。

ゼナフィリン10日経過しましたが、感想としてはベファインより最初の実感は上回っていると思います。
ベファインは基礎構築期間が長いと言われて最初の実感度は低いと言われていたので。
それよりかは、ゼナフィリンの方が期待感はありますね。
飲み方はまた次号で説明します!

ゼナフィリン公式ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)